当院の鍼灸で全身調整を行う理由

開業して2ヶ月が経ちました。

開業日までは準備で忙しく、ゆっくりと話し合ったり鍼灸の練習を時間をかけてする時間を作れなかったですが、開業した現在はそのような時間をしっかりと作ることが出来ます。


最近の話し合いでは、「全身調整」と「補助施術」のやり方についてがメインになっております。

その中でも今回は、全身調整についてご説明していきます。

当院の鍼灸は、どんな方がご来院されても、お腹・両腕・両足・背中に鍼とお灸をしていきます。これが全身調整です。


その理由は、「全身の気(エネルギー)の流れを整えるため」です。

身体はお腹・両腕・両足・背中・その他臓器も全て繋がっており、部分は全体で全体は部分です。
この理論に則って私たちは施術しております。


ただし、鍼とお灸の種類や刺激量は人によって変わります。その方の体質や体調によって調節させていただきます。


これまでの経験上、痛い部位に鍼灸をしても良くならないことが多く、逆に、痛い部位に繋がる経絡(気の通り道)上や、はたまた全く関係ないような部位に鍼やお灸をした方が改善率が高いです。

これを補助治療として行っていますが、しかし、それは「全身調整をした上で行うことが前提」です。


全身の気の流れを整え、身体が本来の自然な姿に向かう準備が出来たところで症状のための施術(補助治療)を行なっていくのです。

私たちが行う「澤田流太極療法」は、身体の中枢を整えることによって末端(局所)も良くなっていく、という理論です。

全身調整後に一旦症状を確認しますが、この時点で多くの方が改善しております。

そして、改善度によって補助治療を行なっていきます。


問診の時間を除いて、30分弱で全身調整は終わります。


後日、補助治療について書いていきたいと思います。


しおん鍼灸院

「3つのしおん」 ・身温…体を温めて整える ・心音…心の音(声)に耳を傾ける ・心温…体を温め、心の声に気がつくと、心が温まり心身のバランスが整います

0コメント

  • 1000 / 1000