「気」はあやしい?

須藤です。


今回は「気」について書いていきたいと思います。


「病は気から」という言葉は皆さん実際に使ったり、聞いたりしたことがあるはずです。


それじゃあ「気」ってなんなの?となると、拒絶反応を示す人もいるかもしれません。

私自身、鍼灸師になる以前は「気ってなんだかあやしいよね…」と思っていました💦


とはいえ私たちは日々の生活の中で無意識に「気」を感じ、そして「気」という語をものすごーくたくさん使っているのです🌟


気が合う、気持ち、雰囲気、気分、気配、気力、元気、やる気、勇気、気合、本気、根気、心意気、生意気、色気、浮気、無邪気、活気、人気、気配り、気が利く、気が楽、気が重い、気が付く、気にいる…まだまだたくさんあります🌟


また、一緒にいて心地いいと感じる人もいれば、ものすごく疲れてしまう人もいます。


場所に関しても落ち着く所、ソワソワしてしまう所、雰囲気が良いと感じる所、明るい所、暗い所など「なんとなく感じる」ことは多々あります。


目に見えないのに、日々の生活の中でごく普通に使っていて、誰もが共通認識できてしまうなんて、考えてみたらかなり不思議✨


そして私たちは、この目に見えない感覚を大事な「情報」としてとらえています。「あやしい」と思うことも「見えない何か」を感じ取っているからこそ出てくる感情です。


人間の体も他の生物も、いわゆる物質として形あるモノすべて、決して目に見えるものだけで成り立っているわけではありません。


むしろ目に見えない部分のほうが大きいのではないでしょうか。


そして、物質を動かすには原動力となるエネルギーが必要です。


「気」とは体(物質)を働かせる力、すなわちエネルギーであり、「気」の作用とは人間の生命活動を維持する力なのです✨


「気」が全身を巡ることにより生命活動が行われ、「気」が停滞したり弱くなったりすると病気になります。


病気=「気」が病んでいる状態です。


この「気」つまりエネルギーにアプローチしていこう、というのが私たちの考える鍼灸施術であり、NESなのです🌟


そうすることで本来誰もが持っている自然治癒力を活性化、肉体だけではなく心・精神を整え、根本改善につながっていくのではないかと思うのです🌟


そう考えると「気」は決してあやしいものではありません!と私たちは胸を張って言えるのですが…。


皆様いかがでしょうか?


そうは言ってもやっぱりあやしいよね…と思う方もいらっしゃるかもしれません。


けれどもモノは試し💕


オープン記念期間中は、かなりお得な料金設定となっておりますので、一度当院で鍼灸やNESを受けて頂けたらと思います😊(もちろん足つぼもおすすめです✨)


きっと私たちと「気が合う」「波長が合う」方はたくさんいらっしゃるはずです✨




しおん鍼灸院

「3つのしおん」 ・身温…体を温めて整える ・心音…心の音(声)に耳を傾ける ・心温…体を温め、心の声に気がつくと、心が温まり心身のバランスが整います

0コメント

  • 1000 / 1000