エネルギー測定器「NES」とは?

本記事では、当院の柱の1つである「NES」についてご説明させていただきます。


この記事を書いたのは、NESについて知ることで、ある程度の目的を持って当院にご来院頂くためです。


目的を持ってご来院頂くことで、セッション時間がより濃密なものになります。そして当院で得たもの、気付いたことをぜひ日常に活かしてほしい、と私たちは考えております。


初めてご来院される方は特にお読み頂きたい記事となっておりますので、よろしくお願い致します。




NESは鍼灸博士であった故ピーター・フレーザーと企業家であるハリー・マッセーによって開発されました。

2人とも「慢性疲労症候群」という病気でしたが、NESによって完治したそうです。


NESが日本に導入されたのは2010年より少し前辺りだと思われます。


最近ではたくさんの波動測定器が開発されています。

私はNES以外に7種の波動測定器を体験しましたが、どれもとても素晴らしいものでした。

中でも当院の理念の1つでもある「心身一如」の『心』を最も深く測定できるNESが私たちにとってしっくりきたのです。


NESは"情報医療"(インフォメーション・メディスン)と呼ばれており、現代医学の主流である対処療法とは大きく異なります。

情報医療という言葉はあまり聞き慣れないと思いますが、ヨーロッパの医療界では当たり前の言葉となっているようです。


この情報医療ですが、簡単に言いますと、

「身体に正しい情報(気付き)を与える医療」

と私は認識しております。


もっとシンプルに「気付きの医療」とも言えます。


腹痛を例に挙げると、お腹に対してアプローチをするのではなく、腹痛という「情報」を送っている「根本」にアプローチしなくてはなりません。

症状は偶然に生じているわけでなはく、原因があって生じています。


その原因を探っていくのが「NES」というエネルギー測定器です。


腹痛はお腹に症状が現れているだけに過ぎず、腹痛という症状を生じるという判断をしているいわば「司令塔のような場所」が他にあるのです。


身体に外的な投薬をしても同じ症状を繰り返したり、異なる部位に転移するなど根本的に解決しないことが多いのはこのためです。


それでは、「司令塔のような場所(大元)」はどこにあるのでしょうか?


それは、以下の画像のように、「情報として」皆さまの身体の周りにトーラス状に廻り廻っています。このトーラス状のものをヒューマン・ボディー・フィールド(HBF)と言います。


そしてNESは人間の情報(解剖、生理、感情、精神など)が全て入っている“HBF”を測定し分析し調整します。


測定項目は、主に以下の3つに大別されます。

①地球と肉体の同調度

②臓器レベルの情報エラー

➂ビジョンと意識の照合性

                 



①地球と肉体の同調度



②臓器フィールドの情報エラー




➂人生の目的(ビジョン)と意識の照合性


上記3枚の画像は一例です。他にも何ページにも及ぶ分析ページがあり、項目数もたくさんあります。


そしてNESの測定結果は、


統計データから結果を抽出する「絶対値」ではなく、その人だけのその瞬間の状態を測定しどこの情報エラーを最優先に調整すべきか、優先順位をつけて示す「相対値」として結果が出ます。


これがNESの大きな特徴の1つです。


測定結果の項目は多く「深い」です。深いというのは、人間の意識を測定するという「次元の高さ(領域の広さ)」という意味合いもありますが、「哲学的な解釈」が必要となってくることです。

なぜなら、人それぞれ人生の目的(ビジョン)・夢・目標が異なるからです。

ゴールが異なれば、そこまでの道のりも変わり、方法や思考も変わります。

たとえAさんとBさんが同じ結果が出たとしても、その解釈の仕方は全く異なります。

ビジョンも哲学も自分で決めるものです。そのためにNESと我々を活用していただきたいのです。


NES理論もそうですし、私たちの考えも同様ですが、病気治しや症状取りを主目的にNESや鍼灸をお受けすることはあまりお勧めしていません。

もちろん症状で苦しい時はそうも言っていられません。私も同様です。

ですが、人間含め生物というものは病気になるものであり症状が出ることは当たり前です。

ビジョン達成のために、自分らしく生きていくために、その病気や症状は必要なこと、と捉えます。

その病気や症状は、関連する臓器や感情、意識や思考、生活習慣など多岐に渡るものが原因となっており、より良い人生を送るためのメッセージとして、NESがヒントやきっかけを与えてくれるのです。

そして、結果的に症状がなくなったり、症状に対する捉え方が変わってくる、という方も多くいらっしゃいます。

症状を治したいと思いつつも、「なぜこの症状が出ているのだろうか?」「症状がなかったら何をしているか?」「症状があってもなくてもやりたいことはできるのでは?」

など、視点を変えて症状と向き合ってみることで、結果的に治癒が促進される、と考えられます。


そこで重要となってくることが、NESセラピーの終了後です。


セラピー中に「マイヘルス」という周波数情報調整器でエネルギーブロックとなっている部位を調整します。そしてご自宅に帰られてからは、毎日「インフォスーティカル」(下写真)という情報を修正するレメディーを飲んでいただきます。(約1カ月ほど)

※マイヘルスとインフォスーティカルについては、後日改めて記事を書かせていただきます。


このように、測定➡調整①マイヘルス➡調整②インフォスーティカルの3つのステップを踏むことがNESというシステムです。


前述したように、NESは情報医療です。

情報医療であるため、今この瞬間の心身の情報エラーを修正していくのがNESです。

重要となってくるのが、「意識」であり、「感情」や「思考」といった内面的なものです。インフォスーティカルは情報を修正(解放)してくれるものですが、「人生をより良くしていく」という「自発的な意識が前提にある」ことでNESの効果を高めることができる、と私たちは考えています。

なので、インフォスーティカルを毎日飲んでいただき、ご自身の意識状態や思考法など、セッション内容を参考にしながら日々修正すべく「自ら」行動に移していく必要があるのです。

測定結果を踏まえて、自ら高い意識を持って生活していくことで日常という現実に変化をもたらします。


意識的な修正と無意識的な修正(インフォスーティカル)の双方からのアプローチをすることで、効果がより大きなものとなると私たちは考えています。



以上、NESの概要となります。いかがでしょうか?難しい表現が多々ありますので、ご不明な点があれば遠慮なくお問い合わせ下さい。


それぞれの測定項目についての詳細は今後順にアップしていく予定ですが、少しでも興味を持たれた方は、ぜひ実際に受けてみて下さい。不定期でお試し測定会も行っておりますので、インスタやホームページ(講座・イベント)でご確認下さい。

しおん鍼灸院

「3つのしおん」 ・身温…体を温めて整える ・心音…心の音(声)に耳を傾ける ・心温…体を温め、心の声に気がつくと、心が温まり心身のバランスが整います

0コメント

  • 1000 / 1000